【イベントのご案内】8/19(土)小1の壁って本当!?子育てと仕事の両立を考えよう!

岐阜市で、ズドンと小1の壁でつまづいた、上松デス!

f:id:keiko_gifu:20170813215839j:plain


これは、息子が小学生になる直前に撮影した写真。
心なしか、ちょっと悩んでるっぽい。

『入学式』って『1年生になったら〜♪』が代表的な歌。
楽しげな印象。

だけど・・・親としての私は心配しかなかったなー。

息子の保育園から小学校に行くのは、計6名。
岐阜市で一番小学生が多い学校なので、入学者が150名ほどいたので、
なんと、4%

・・・ポツーン。


f:id:keiko_gifu:20170723004619p:plain



『おとなしい息子が、友達できるかしら』から始まり、
『宿題やるんかなー』
『宿題、丸つけとか大変って聞くけど』
『って言うか、めっちゃ早く帰ってくるって聞くけど』
『そもそも、入学式までどうしたらいいの?』


・・・私、どうなる?

結局、息子より、私が、心配でした。

小1の壁って言葉を、重く捉えて、過剰な部分もあったように思います。
あの時の私は、
誰かに相談する、悩みや喜びを分かち合う、ってことができなかったんだなー。

勤め先では、現役社員で小学生母は私だけだったし、
保育園では、時間に追われすぎて、いつも最小の挨拶しかしなかったし。

f:id:keiko_gifu:20170813224115p:plain

(職場から、保育園に走る私のイメージ。全速力!

 


あの時の私に言いたい!
『もっと、同じ立場の人と悩みも喜びも共有したらいいのに!』って。

・・・・・・・・・・・・・・
ここで解説!
岐阜県の女性の有業率(職業を持ってる人の率)は、特に出産・育児のタイミングで
ドドンと、減ってるのです。

f:id:keiko_gifu:20170813221253p:plain


・・・・・・・・・・・・・・
我が息子が4%のレアキャラになっちゃうわけはこんな地域性もあると思う。
だからこそ、私自身も、『働きながら小1の壁を共に乗り越える同志』と
出会える可能性もそりゃぁ、低かったわけですよ。

f:id:keiko_gifu:20170813221654p:plain

(こんな仲間に出会いたかった!)


その次の小1の壁がくるわけです。(次は娘編)

 

2年前よりも、ずっと、気楽に迎えられる私。
そして、ずっと、楽しみに思える。

f:id:keiko_gifu:20170813222309j:plain

(ランドセル、買いに行きましたー!)


改めて、考えました。
『私は、つながりが欲しかったんだ。』と。

「前の自分は、できなかった!」けど、
「次の時は、なんとかしたい!」って思っちゃってるんです。
そして、「純粋に、子どもたちの入学を楽しみにできる母が増えたらいいな❤︎」と。


今回は、 育休後コンサルタント® 山口理栄さん を東京からお迎えし、
みんなで考え、整理する場を開きます。

・小学生のお子さんをお持ちで実際に壁を感じている方
・来年小学校入学を控えて不安な方
・今から少しずつ準備したい方

などなど、小学生以上の子育てと仕事の両立について、一緒に考えてみませんか? 

私と、一緒に悩んで、楽しんで、壁を乗り越えてくださる方はこちら↓

kokucheese.com

 
企業等でのご講演や研修経験の豊富な山口さんから直接お話が聞けます!

f:id:keiko_gifu:20170813223122j:plain

今でも、すでに濃いメンツが手を挙げてくれています。
こんな機会、もう、ないかも!!

それが、2017年8月19日(土)。

忙しい母たちには、
2時間の時間の捻出さえも、大変かもしれないけど、
ググッと、小学生の6年間が楽になると思ったら・・・❤︎
どうぞ、前向きにご検討くださいね。

また、同日開催の育休後カフェもまだお席あります〜❤︎
*午後からの育休カフェのご紹介*

kokucheese.com

お席は先着順です。
ぜひ、お早めに^^

【イベントのご案内】地域でつくる子どもたちの放課後

岐阜市で、一番、学童・放課後に熱い女の、上松デス!

f:id:keiko_gifu:20170709181402j:plain


私が、暑苦しいくらい、この学童・放課後のことを言い出したのは、
2年前から。

長男が小1を控え、
『我が家は学童に入れない』ことが判明!

当時は、フルタイム勤務。

毎日、ダッシュで帰っても、6時。

3時頃に帰ってきます。

その空白の3時間をどのように埋めろと・・・!!

・・・・・・・・・・・・・・
ここで解説!
岐阜市は、6時〜8時まで預かってくれる学童が、
学校内もしくは近隣の施設で、
預かってくれる公営の学童が、各学区に1つずつあります。

www.city.gifu.lg.jp

・・・・・・・・・・・・・・

ただ、入れる人の条件に幾つかあって・・・

*同じ学区に祖父母が住んでいると入れない
という条件に阻まれて、我が家はアウト!

呆然としました。
まさに、小1の壁に正面からぶち当たったわけです。

f:id:keiko_gifu:20170723004619p:plain


放課後も預かってくれる、私立の学校に入学する。
祖父母にお願いする。

考えました。
『自分の息子は、学童に入れないんだ』と気付いてから、半年くらい考えました。

f:id:keiko_gifu:20170727215622j:plain

教育委員会に直談判に行ったり。。。

f:id:keiko_gifu:20170727215700j:plain

先進事例を聞きに行ったり。。。

f:id:keiko_gifu:20170727223009j:plain

市議会議員さんと学童についてお話しする会を開いたり。

いろいろ、したけど。
・・・結果的に、『正社員として働く』を辞める。
私の決断でした。


もう少し、粘ってみる。という選択もあったかもしれない。
だけど、学童の見学に行った私が、感じてしまった心のざわざわ。

仮に、学童に入れたとしても、私の息子は、学童に行きたいのだろうか?
そこにも、疑問が湧いてきたのです。

『安心・安全な場所である』ことは、最優先。
でも、さらに『安心・安全で、かつ、●●な放課後』を過ごしてほしい。


小2の息子の3時間は、起きてる彼のライフの5分の1
すごく、大きな時間。

そこに、親の私ができることは限られている。

地域の人間としても、正直に言って、じゃぁ、
「今、私は何をしなければいけないのか」
「私は今後どうしていかなければいけないのか」は見えてない。

「わかんない!」けど、「なんとかしたい!」って思っちゃってるんです。


そこで、これまで2年くらい地域でこんな活動↓をしていて、
地域のつながりの力って、
もっと活かせないかなぁとぼんやりとした希望が湧いています。

gifu-oyako-kyoiku.localinfo.jp


今、私が、恋しちゃっている放課後が全国にあります。
こんな放課後が、岐阜にあったら・・・と妄想するだけでワクワクするような。

そんな恋する放課後が岐阜にやってきます!!

 

私の恋しちゃってる放課後はこちら↓

【9月2日(土)】地域でつくる子どもたちの放課後

f:id:keiko_gifu:20170727072543j:plain

憧れ続けているキミチャレのお話も柴田さんから聞けます!

f:id:keiko_gifu:20170712004419j:plain


東京から、放課後NPOアフタースクールの島村さんもお越しくださいます。

f:id:keiko_gifu:20170727220141j:plain

(美容院で思わず、雑誌『STORY』を激写!)

実際に東京学芸大学の鉄矢先生に御指導いただきながら、みんなでこんなの作ったりも!

f:id:keiko_gifu:20170727215849j:plain



こんなに濃いメンツが岐阜に集まるなんて、もう、ないかも!!

それが、2017年9月2日。

どうなるかはわからない。
だけど、成功も、失敗も、恐れるよりも、
まずは地域のみんなと、このテーマで考えてみたい。

お席は先着順です。
ぜひ、お早めに^^

【イベントのご案内】8月19日(土)育休カフェ@岐阜 オープンしますー!

突然ですが、8月19日(土)育休カフェ@岐阜オープンしますー!

www.facebook.com

 

東京から、育休後コンサルタント® 山口理栄さんをお招きします。

山口さんのウェブサイト

1995consultant.com


突然、なんだ!?って思われるかも、ですが、
育休に思い入れが大きくあるのです。

なんといっても、大きくつまづいたのが(転機とも言うのですが)一度目の育休明けでした。

1人目(8年前)・・・何にも、準備せず、突入した育休。
準備が必要とすら思わなかった。

ベイビーはかわいいというよりも、大事なものを1人で預かっている重責。
さらに、当日は親戚や友人がいない、愛知県に住んでいたので、誰とも話さない毎日でした。

その重責と寂しさから逃げるように人事に直訴しました。
育休に入る前は2年取得予定だったのに、10ヶ月で切り上げて復帰しました。

久しぶりの大人との会話にテンションが上がり、
時短勤務で戻った後も、『働きたい欲求』『頼りにされたい欲求』が出てしまいました。
その欲求との付き合い方がわからないまま、
誘われるがまま、全社プロジェクトに参加。
全国出張や大きなイベント対応が続き、心身ともに疲労蓄積。。。


(懐かしいの出てきた。こんなイベントを企画・運営してました)
f:id:keiko_gifu:20170723005046p:plain

 

支社では、10年ぶりくらいの育休復帰者だったので、

とっても優しい会社だったから、お互い手探りで。

『上松さん、仕事したそうだし』と仕事を任せてくれたのだと思う。

ただ、仕事も、子育ても、その時の自分の精一杯やってるつもりだったけど、

どっちも中途半端・・・1人でカラカラ回る毎日に、息切れ。

帰宅途中に何度泣いたことか。

そして、このカラカラ回るハムスターのような、毎日に限界を感じ、
大好きだった会社を辞めることを決意したのです。。。
(ハムスターの私のイメージ↓)

f:id:keiko_gifu:20170724073541p:plain

 

その時の私には、『どうしたら、続けられるか?』『パートナーや家族、会社の人にどう伝えるか?』なんて考える力もなくて。

『育児は辞められないので、仕事、辞めます』くらいの思考しかなかった。


そんな痛い思いがあったからこそ、
育休前後のケアがとっても大切だと思っています。

きっと、8年前の私と一緒に泣きたいんだと思う。
だけど、それは叶わないから。

あんな痛みをこれから感じる人が少なくなったら。
今、痛みを感じている人の痛みがそっと和らいだら。

そんな思いからのカフェです。

夏休みって本当に忙しい。
だからこそ、自分へのご褒美に参加してほしいのです。

あなたが、誰よりも、忙しくて、誰よりも頑張ってるのを知っています。

何よりも、自分の気持ちに向き合うことができたら、
同じ『母となって、はたらく』も、違う景色に見えるはずです。

 

【育休カフェ@岐阜】
申し込みサイト
http://kokucheese.com/event/index/479828/

#
育休
#育休カフェ
#母となって、はたらく


【イベントのご案内】学生×企業の未来のモノづくり 

6月から、スーパーサブとして、週に2日ほど、こちらのスタッフをしています。
スーパーサブと命名が嬉しかった^^)

www.miraimatrix.com


未来マトリクスは、東海地区の大学生と、企業が持つ技術をマッチングし、
未来のモノづくりにチャレンジする場を提供しています。


【本気で】作っちゃうんです。

例えば、こんなのとか↓

ソムリエさん - 一般社団法人 未来マトリクス


 

私がすごいなーって思うのは、2点あって。

1つ目の『ここがすごい!』は、アイディアを出す、だけじゃなく、
モノとして社会に出すところまで、本気で伴走するところ。

f:id:keiko_gifu:20170714050946j:plain

実際に形にするところまで、学生さんと一緒に走ります。


2つ目の『ここがすごい!』は、
大学の先生が、真剣に悩んで、アイディアを形にする、
プログラムを考えているところ。

f:id:keiko_gifu:20170714051421j:plain


先日のミーティングの様子。

本気で先生たちは、学生の可能性を信じて、
『どうしたら、学生の可能性が最大限、発揮されるか?』を
とことん、議論。

左にいらっしゃる名古屋大学の宇治原教授は、

学生の力を信じ、真に活躍する場を作ることが、我々大人の役目ではないか。
そうすることで、我々は新たな気付きや可能性を得ることができるのではないか。

そうした思いで、私たちは「未来マトリクス」を立ち上げました。』

と言葉にされます。


本気でこの言葉通り、学生を信じてる。
そのための力を惜しまない。

(詳細はこちらに掲載されてまーす)


学生の可能性を信じていて、本気で学生に向き合う。
心から尊敬できる、そんな先生たちに会えて、幸せすぎます。

じゃじゃん!

ここから、大ニュースです。
そんな未来マトリクス。
またまた、奇跡が起こり、私の大好きな岐阜で、この夏、合宿を開催します。

 

f:id:keiko_gifu:20170714052525j:plain


詳しくは、こちらをご覧ください〜!

メッセラボ合宿2017 - 一般社団法人 未来マトリクス


3日間、岐阜の温泉&ソフトピアで開催するんですが、
内容が圧縮されてて、3日後にどんな姿に会えるのかしら〜。
楽しみすぎます!

学生さんは、3,000円で宿泊&飲食付きです。
とってもゴージャスなプログラムなのに、この価格・・・!

また、企業の方の参加も受け付けています!
柔軟な学生の発想に刺激を受けつつ、
充実の講義も受けられる、そんな機会。思考の特訓にもどうぞ〜!


#未来マトリクス
#メッセラボ
#大学生
#本気のモノづくり

ピアプレッシャー&バーチャル上司

今日は、仕事で帰宅したら、夜の11時過ぎてて。

夜ご飯を食べ損ねてたから・・・頭の中で、格闘。
食べるべきか、食べざるべきか。




で・・・
食べちゃいました!

f:id:keiko_gifu:20170712004450j:plain

              夜食べたら、あかんやつ

 


担々麺さんは、
ブログを書くときのお供になってくれました。

個人事業主になります!宣言は、

自分が、自分で、やるべきこと、を決めて
自分との約束を守るところから始まる。

まずは、スタートしなきゃって思って、

『ブログを1ヶ月は続けてみよう!』と決めたの。


でも、自分一人じゃ、続けられなーい。


ということで、自分とも約束してたけど、
実は、この笑顔が素敵な、くろろんとも約束。

f:id:keiko_gifu:20170712005103j:plain


『まずは、1ヶ月、続けてみよう!』って。

くろろんがブログアップをするのを見て、
『あ!私も頑張ろう!』って思えるの。

これって、まさにピアプレッシャーだなー。

身近な友人が頑張ってる姿は、『私も頑張ろう!』って背中を押してくれる。

この言葉を教えてくださったのは、
キャリアコンサルタントの柴田朋子さん。

f:id:keiko_gifu:20170712004419j:plain


4月1日という、まさに、今年度スタートの日に
アクションプランセミナーを岐阜で開催してもらったのです。

柴田さんもブログにまとめてくださいました。↓


実はね、ブログをオープンしたのは、このアクションプランセミナーから
100日記念でもあったのです。

7ヶ月放置していたブログを
『えいっ!』ってオープンできたのは、100日記念のおかげ。

100日を前に、タスクはきれいにしたいなぁと思ったのです。

さすが、柴田さん。。。
完璧なバーチャル上司です。

 

#ピアプレッシャー
#バーチャル上司
#今日で3日目
#3日坊主症候群
#まずは1ヶ月



名刺に隠された3つのヒミツ

名刺を作ったのです。
じゃじゃん!

f:id:keiko_gifu:20170710223603j:plain


こちらの活版印刷という手法で。

ORGAN活版印刷室


手作りで、一枚、一枚、印刷してくれています。
こちらの香文ちゃんが、愛を込めて。
一枚ごとに、風合いが違って、愛おしいのー。

f:id:keiko_gifu:20170710222947j:plain
(遠近法で、ものすごく食いしん坊な感じに写っていますが、かわい子ちゃんですw)

デザインは、私とよく姉妹なのか?と言われる
ゆきまりが描いてくれました。

f:id:keiko_gifu:20170710223315j:plain

(最前列ガール。こちらも、大きめに写っていますが、かわい子ちゃんですw)

で、ゆきまりは、私が『岐阜好き』&『食いしん坊』なことをよくご存知なので、

名刺に3つの岐阜の名物を入れてくれたのです^^
わかりますか??

正解は・・・・!!!!

(せっかくなので、探してから、下記を読んでくださいませ^^)


・・・・テ

・・・・・テテ

・・・・・・テテテ




ジャジャーン!

f:id:keiko_gifu:20170710224110j:plain



100枚ほど配らせてもらいましたが、その反応を見ていると。

難易度10・・・鮎(鮎とまでわかってないかも^^)

難易度100・・・エダマメ(電話番号のところに^^)

難易度1000・・・飛騨牛(meat=肉!ですよ^^)

みなさん、何個気づいてくださったでしょうか〜。
うふふ。

飛騨牛、気が付いてくれてた方、いらっしゃったら、ご一報をー!
(今のところ、『スペルが違うよー!』とアドバイスをくれた、心優しい方が1名。)


ちなみに、上部にある
EDucation, Assisting Mothers And MEeting

これは、私のライフテーマ。
『教育・共育』『かーちゃんズの応援団長』『出会い』

その頭文字デス。

岐阜は、エダマメが名産なの。

f:id:keiko_gifu:20170710225205j:plain


夏の夜長にエダマメで晩酌する際は、ぜひ、けーちゃんを思い出してくださいな^^

#名刺
#枝豆
#鮎
#飛騨牛
#食いしん坊
#岐阜大好き
#活版印刷
#名刺印刷
#organ

ブログ始めまーす!

突然ですが・・・ブログを始めます!

ブログを作りたいなぁと構想してから、実は、7ヶ月経っていました。
多動気味の私にとって、このスピードは、自分でもびっくりでした。

きっと、『いい子でいなくちゃいけない!』と思ってたんでしょうね。
『上手にまとめなくちゃいけない』とかね。

でもさ、自分でタイトル見直して、思ったんです。
『今から、ここから、私からできること』って。

今の私のままで、いーんじゃない?
まずは、ここから始めたらいーんじゃない?
毎日ドタバタしてる、岐阜のサザエさん状態の私でいーんじゃない?

と、まずは、できることから始めていきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

#ブログ始めました
#初ブログ
#ドキドキ
#ワクワク


f:id:keiko_gifu:20170709181402j:plain