ちょうどいい!もっといい!働きかた、暮らしかた。

家族みんなが幸せな働きかた、暮らしかたを見つけよう!

【12/12(火)再開4日目】「とりあえず、やってみよう!結果はついてくる」/岐阜県「女性の再就職支援事業」マインドアップ講座

おはようございます^^
「ブログ見てるよ!」と声が嬉しくて、続けられる、4日目です。
________________

2017年、私の中の10大ニュースの1つ。
岐阜県『女性の再就職支援事業』のマインドアップ講座に関われたこと。
今日は、今年最後の講座でした!

f:id:keiko_gifu:20171212160525j:plain

↑ホッとした表情。今年ラスのご褒美に、夫とランチです。 ふれあい会館の最上階では、ワンコインで、こんな絶景の中、食事ができるのです!

「これから働きたい!」「子育てと仕事を両立したい!」 そんな女性を応援する講座を10回開催。
明日からの次の一歩を応援する講座になっています。gifujo.pref.gifu.lg.jp

こちらの講座にコーディネイターとして参加しています。
「この講師の話を岐阜県の女性に聞いてほしい!」と講師にラブコールを送るところから関わらせてもらいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日は9回目の講座。
「企業経営者に学ぶ」と題して、株式会社羽島企画の宇野社長にご講演いただきました。

f:id:keiko_gifu:20171212161907j:plain

宇野社長のご講演に聞き入る参加者の皆さん

 

さすが、経験豊富な宇野社長の言葉は、ググッと女性たちの心をつかみ、名言続出!
特に私の心を揺さぶったのは、
「キャリアがなかったら、作ればいい」「とりあえず、やってみよう!結果はついてくる」

メモの手が止まらないほど!

そして、すっかり、仲良くなった参加者さんから帰りがけに
「就職するのが怖くて、言い訳してたけど、勇気を出したい。次の一歩が踏み出せそう」との言葉。

アァ、このためにあったんだなぁ・・・と痺れる私。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日までの9回の講座でお世話になった講師陣の顔が走馬灯のように。。。
「あれ?これ、死ぬ時に出てくる走馬灯かな?」ってくらいに感動でした。

f:id:keiko_gifu:20171212171443j:plain

二回にわたり、講座を実施いただいた廣瀬さん。いつも満席でした。

 

f:id:keiko_gifu:20171212164410j:plain

「育児は仕事の役に立つ ~ワンオペ育児からチーム育児へ!~」の著者 浜屋さんは東京からお越しいただきました!



引く手数多の講師の方にラブコールをお送りし、お忙しい中、暖かくご登壇してもらいました。

そして、講師の方にご連絡を取るために、たくさんの方にご紹介をしてもらいました。
まるで数珠繋ぎのよう。

さらに、マドレボニータのひろさんには、OGの方にご紹介してもらって、ご案内に力を貸してもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、この事業に関わるきっかけは、私の猛烈なラブコールでした。

この事業のプロポーザル(岐阜県への提案)が岐阜県のホームページに掲載されているのを見かけたのが、締め切りの1週間前くらい。
(そもそも、なんで、プロポーザルのページにたどり着いたか、今となっては、謎です)

そこで、「岐阜県の女性に聞いてもらいたい話がある!」と火がついた私。

f:id:keiko_gifu:20171212171203j:plain

グツグツグツ・・・胸に秘めた想い!



去年のの受託業者を調べ、また、プロポーザルに提案した企業を調べて。
(ホームページに掲載されてました!)

なんと、運命的にその前月に名刺交換をしていたマイナビさんの名前を発見!
ビビビ!っときて即座にメールしました。
「今年もプロポーザルに参加するなら、ご一緒させてもらいませんか?」


ダメ元以上の何物でもない。。。
熱意だけのラブコール。

ものすごく、直球で、ど厚かましい、まさに押しかけ女房。
ですが、ここから提案をご一緒させていただき、
なんと、プロポーザルで選ばれることができ、そして、今に至ります。

マイナビさんにも本当に感謝です。

ただ、正直、いろんな人に心配も、迷惑も、負担もかけ、協力いただいた事業。
いっぱい悩みました。

だけど、本日。
あんなにキラキラした参加者さんの目を見て、またまた、心に火がついた私。
「もっと、女性が一歩を踏み出せるきっかけを作りたい!」野望がむくむく!
一歩ずつ、私も頑張ります!

「キャリアがなかったら、作ればいい」

「とりあえず、やってみよう!結果はついてくる」

今、感謝でいっぱいです。
このブログを書きながら、羽島企画の宇野社長の言葉がズドンと刺さってきました。